1. HOME
  2. ブログ
  3. 低音は押さえつけながら出しちゃNO!

低音は押さえつけながら出しちゃNO!

さて、最近は男性の生徒さんもお越しいただくことが、増えてきたのですが、
私のところに来てくれる生徒さんって、高音の方が出るーーー!!!

で、下がちょっとね弱い。。。

ってことはよ!

低音を開拓して磨けば、
今出ている高音の音色が、もっとめちゃくちゃ「美しく豊かになる」ってこと。

「低音の練習をすると高音も出る!」ってよく聞くと思うんだけども、これどういう事?って感じだよね。

なぜ、低音の練習すると高音も出るのか?

<ポイントは大きく2つ>

① 声帯が緩んだ状態を体に記憶させる
高音ばかり練習していると、
声帯がピンと張った状態が続きます。
低音は特に、声帯もカラダも力みがあると絶対に出ません。
まず、低音で緩んで、そこから高音にアクセス!

② 倍音(響き)が豊かになる
同じ音を出した時に、
高い声だな〜!って聴こえる方と、そんな高く聴こえない方といませんか?
これは、声の響きの成分が違っているのね。
ド(C)の音の中にも、ド・以外の倍音がなっています。
低音を鍛えると、その倍音が豊かになり出します。

低音が出しづらい方の特徴として、
低い音=うつむきながら出してる  ってことが良くあります。
思い当たる方は、ぜひこちら試してみてね。

・低音はうつむいちゃNG!! 顔は自然にまっすぐのまま
・イメージとしては、顎より下に音を落さない
・音は落とさないけど、残響(響きは)胸、お腹、足裏へと伝わる
・最初は、お腹とか丹田とか支えがどーとか考えない!全部力抜く(笑)ため息の時みたいにね。

以上やってみてね♡

 

SACHI-e

関連記事