1. HOME
  2. ブログ
  3. ボイス(声)とボーカル(テクニック)どっちから学ぶと良い?

ボイス(声)とボーカル(テクニック)どっちから学ぶと良い?

ボイストレーニングって?

声そのものにアプローチしていくトレーニングです。

声=音です。

母音や子音の音に、意味がくっついて、言葉になります。

なので、意味のない声は、音です。

意味はなくても感情は乗る。

これがまた声の音の面白いところ。

ボーカルトレーニングって?

テクニック、技術にアプローチしていくトレーニングです。

例えば

「もう少しビブラートをきかせよう」

「この歌詞はアタックを強くしよう」

「息をもう少し入れてウィスパーよりで」

「フレーズを大きくとって謳おう」

などなど! ね。

どっちを先に練習したほうがいいの?

これ、人によります!

ですが、結果的にいうと、まず手を付けるべきは「ボイストレーニング」だと思います。

声がある程度、健康的に出せない限り、技術がうまくできることはないからです。

ただし、発声ばかりやっていても、伝わる歌はなかなか歌えないし、つまんない。

もちろん、テクニックなんて習わなくても、「自分を表現できる!」と言う人もたくさんいらっしゃいます。

プロのアーティストの皆さんは、その道のプロ。

声は綺麗に出ているのに、なぜかつまんない…もっと表現力豊に歌いたい!っと言う方はきっと細かい表現の付け方(テクニック)が聴こえてないだけなんです。
だからそれを引き出しに取り込んで自分のものにしていくこと。

ボイストレーニングが、一歩進めば、できるテクニックもひとつ増えます。
そしてまた、新たにボイスがトトンと進めば、テクニックもできることが増えます。
テクニックが自分のものになると、今まで聴いたことない声も聴こえてきます。

こんな風に、相乗効果!
バランスを取りながら、成長を逐一感じながら進んでいくのがオススメ♡

「発声が100%できないと技術なんかできるかーーーー!!!」なんて、言っちゃう人もいるのかもしれないけどw

歌ってそんなもんじゃないから(笑)

近年、日本にも素晴らしいコーチ陣がたくさんいらっしゃいますね。
良い刺激をたくさんいただきながら、私も日々情報収集し学び、実践しております!
あなたにあったトレーニングコーチを見つける、これがイッチバン!

さ〜 ボイスでもボーカルでもいいからw まずは一歩踏み出して〜♡
(オススメは、まずは、ボイス、ねw)

関連記事